ATF交換メニュー

ステップ1

工賃¥17,000-

別途オイル代がかかります。

例:E46 325i 後期 総額¥25,590-

■下抜き交換

・  年数は経過しているが、走行距離が少ない車両(20,000km台)

・  走行距離が多く(10万km〜)ATFを交換したいが、色々なうわさを聞いて交換するのを
  ためらっている方にATF全量交換準備の為のステップ1としてオススメいたします。

※但し、古い車両についてはお問い合わせ下さい。

オイルパンドレンよりオイルを抜きます。

新油を入れ、規定温度にてオイル量調整。


WAKO‘S  AT PLUS (変速フィーリング向上剤)

・オートマチックトランスミッションのトルク伝達効率を向上します。

・優れた消泡作用で、泡立ちを防ぎATFの油温上昇を防止します。

・洗浄能力もあり、油圧経路の詰まりを防止します。

WAKO‘S AT PLUS ¥4,320

当店ではATF交換時にAT‐PLUSの注入をオススメします。

※特に下抜き(ステップ1)の方には、是非お試し頂ければと思います。


ステップ2 Ver1

工賃¥25,000-

別途オイル代、ストレーナー代等かかります。(車種により金額が異なります。)

例:E46 325i 後期 総額¥44,801-

■下抜き+ストレーナー交換

・  ATF交換としては一般的な方法です。

・  A/T内部のオイルストレーナー(フィルター)を交換し、オイルパン内にある鉄粉除去用マグネットの清掃をいたします。

・  走行距離4万km〜7万kmの車両にオススメします。

オイルパンドレンより
オイルを抜きます。

ストレーナーを外し
一晩放置します。

新油を入れ、規定温度にて
オイル量調整。

ステップ2 Ver2

工賃¥45,000-

(ラインフィルター含む)

別途オイル代、ストレーナー代等かかります。(車種により金額が異なります。)

例:E46 325i 後期 総額¥79,691-

■下抜き+ストレーナー交換→圧送循環(全量)

・  ストレーナー交換よりも、A/Tミッション内部を更にきれいにされたい方(走行距離が多い方)

・  今よりも更にフィーリングを良くしたい方

・  ミッション本体を良い状態に保つには、やはりこの方法が一番です。

・  隅々までオイルを交換できますので、シフトショックが減りフィーリングも良くなります。

・  最終ステップとして行う事をオススメしています。

※全量交換の場合は、より一層のATFのごみ除去の為、ラインフィルターをつけさせて頂きます。

※一部車両では全量交換できない場合があります。ご相談下さい。

オイルパンドレンより
オイルを抜きます。

ストレーナーを外し
一晩放置します。

新油を入れ、さらに圧送循環
にてオイルを入れ替え、
後付けのフィルターを装着。

最後に規定温度にて
オイル量調整。


●E60、E65、E90の方も交換が可能です。是非ご相談下さい。

★本サイトの情報の取り扱いについて★
本サイトに掲載のすべての情報、画像等を、権利者の許可なく複製、販売、放送などに利用することを禁じます。
無断転載・引用等は固くお断りいたします
。また、同業者の方はお問い合せ下さい。